« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

ゲゲゲの女房(最終回)

ゲゲゲの女房がついに最終回を迎えてしまいました。
なぜ、こんなにもヒットしたのか?
働く女性が疲れたので、
男性を支える生き方が新鮮だからとか、
解説されています。

でも、個人的な見解はちょっと違います。
今回のドラマは、
見えないものに価値を置いたからだとおもいます。
目には見えないものにも、
価値があるんだよってことを問いかけたからだと
思います。

たとえば、
妖怪です。
最終回のエンディングで、
鬼太郎たちが出てきました。
「なんだ、そこにおったのか」と水木先生のセリフです。
目には見えなくても、
そこにいるんだということです。

目に見えない家族の愛情とか、
仲間の友情とか、
仕事への情熱とか、
自然への畏敬の念とか、

それを知らせてくれたらか、
多くの人の琴線にふれたのだと思います。

DVDの前に総集編があるはずですので、
「ちゅらさん」は3夜連続で総集編が組まれました。
期待して待ちたいと思います。

ハイタッチ

今日は交通安全指導の当番で、
小学生の通学の安全確保をしてきました。
つまり、
旗当番です。

校長先生とご一緒になりました。
校長先生は、通学してくる子供たちと、
「おはようございます」と言って、
ハイタッチをしていました。
子供たちは、
ハイタッチをしたあと元気よく登校していきました。

そう言えば、
ハイタッチが流行しています。
丸の内では、
ボランティアでハイタッチ部隊という組織があるそうです。
若い男女のグループが、
通勤してくる方々とハイタッチをするんです。
ハイタッチにより、
テンションがアップして、
元気よく仕事に向かう事ができるというわけです。

アップルストアでの販売の際も、
ハイタッチがされてましたし、
野球のホームランの後も、
ハイタッチです。

そう言えば、
職場でも朝礼でハイタッチをしている様子が紹介されています。

ゲゲゲの女房(最終週)2

休日でしたので、
ゲゲゲの女房を見てから出勤しました。

水木プロ20周年記念パーティの話でした。
いろいろな人に支えられて、
仕事をしてきたので、
感謝のパーティをするということで、
開催されたパーティでした。

お世話になった方々を招待して、
盛大にパーティが開催されました。

自分自身の事として考えると、
やはり多くの人に支えられて仕事をしています。
事務所のスタッフさんにも支えられているし、
クライアントの方々にも支えられています。
いろいろなお話を持ち込んでいただける、
諸先輩方にも支えられています。

特にクライアントの方々には、
とてもとても感謝の気持ちしかありません。
星の数ほどある会計事務所から、
選んで頂いたわけですから、
全力で向き合う事でしか、
お返しすることができないと思っています。





ゲゲゲの女房(最終週)

いよいよ「ゲゲゲの女房」が最終週になりました。

ビデオに録画して、
まとめて観るのが日課でしたが、
いよいよ終わってしまいます。

脚本が素晴らしくよかったです。
水木しげる先生のお父さんが天国に行ったシーンでは、
お母さんが、
「あの人(お父さん)がおらんこつになってしまった寂しさは、
子供でも、孫でも埋めることができん」と
泣いたシーンにもらい泣きしてしまいました。

来週からもう観れなくなるなと思っていたら、
新聞にDVDの広告が載っていました。
微妙に迷っています。

そういえば
こんなに真面目に観たのは
「ちゅらさん」以来だと気がつきました。








秋深まる

秋が深まってきました。
気温が20度を切るようになりました。

昨日はスーツがなくても大丈夫かと思いましたが、
一応準備することにしました。

スーツって重いですね。
しばらくは、
肩がこりそうです。

明日からシルバーウィークが始まります。
東京の五反田で結婚式のお呼ばれがあり、
東京に行ってきます。
クライアントの結婚式ですので、
スピーチをさせていただくことになりました。

スピーチの原稿はすでに準備できております。
かまずに言えるかどうかがポイントです。

秋です。
昨日の東京の気温が20度以下になったと
報道されていました。
ぼちぼちスーツを着ても良い時期かも。
でも、
クールビズに慣れてしまうと、
ネクタイが苦しかったりします。

もうしばらく、
ノーネクタイですごそうかと思います。
というのも、
若いころはものすごく寒くかんじましたが、
最近は、
寒さに強くなってきたからです。
皮下脂肪という鎧を身につけてましたので。

野球

野球が熱くなってきました。
夏場は興業的な要素が強いですが、
ぼちぼち優勝争いになってきて、
ますます面白くなってきました。

オリックスのエース
金子千尋がすごいです。
12連勝!!
すごすぎです。
なかなかオリックスのゲームをテレビ中継で見る機会はありませんが、
ニュースで見る限り、
ストレートの威力がすごいです。

野球はやっぱり、
エースの力投が面白いですね。


食卓に梨が登場するようになりました。
いよいよ秋ですね。

そういえば最近、月が綺麗です。
昨夜は三日月でした。
もうすぐ新月です。

イチローの記録の話題は
残り試合数と残り安打数です。
もう、残り試合を数えるようになりました。

セリーグも巨人の足踏みで、
盛り上がってきました。
わざとしてるんじゃないかというくらいの、
足踏みです。

やはり残り試合数から、
巨人有利という話題もありました。

気がつくと10月です。


びっくりドンキー

10日の日経MJにびっくりドンキーが特集されました。

エコノミーでかつエコロジー起業なんだとそうです。
エコノミーは、
廃材を利用したプレート、
全国各所にある工場で製造し、
冷蔵(冷凍でなく)で各店舗に届けるという
カンバン方式で、
在庫を極力持たないそうです。
48時間以内に消費するので、
美味しいわけです。

エコロジーは、
CO2排出量が極端に少ないということです。
排熱を利用するシステムの開発がせれていて、
北海道発祥の会社なだけに、
実績も積み上げてあり、
現在ではCO2排出削減のノウハウを外販するまでになってます。

何気に安いからって食べてましたけど、
奥が深い会社でした。

ペイオフ発動

昨日、とうとうペイオフが発動しました。
銀行破たんが続いた頃、
1000万円までの預金しか保護されないからと、
あちこちに口座を分散させる手法が流行ったことを思い出しました。

その後、
銀行破たんがなかったので、
今回の振興銀行が第1号ということになります。

一般にはあまりなじみのない銀行だったし、
支店も地方にはないので、
あまり影響はないと思いますが、

ペイオフという言葉がクローズアップさせられた事には、
違いないです。

夜空

所用があり、実家に行ってきました。
標高が450Mあります。
それだけ、
空が近く感じます。

星がきれいでした。
きちんと星座が見えます。
大熊座やカシオペアも見えます。
当然ですが、
北極星の位置も分かります。
北極星を見上げるたびに、
緯度が分かるので、
ずいぶん北に来たものだと思います。

北極星の高さがなぜ、
現在地点の緯度かという事については、
後日あらためて、
アップします。

ところで、眼鏡を新調したので、
天の川も見えます。
帰り路、
高速道路の温度計は16度でした。
昨日まで30度といっていたのが、
嘘のようです。

涼しくなってきました

いよいよ涼しくなってきました。
今日は裏磐梯の桧原湖に行ってきました。
半そででは、少し寒かったです。
次回はスーツを着ての訪問になります。
もうすぐ紅葉が始まります。

同窓会

今日は同窓会に行ってきました。
11月に総会を開くための会議です。
同窓会の良いところは、
若者扱いをしていただけることです。
40代になっても、
若者です。
諸先輩方の激励を受けて、
良い年の取り方をしたいものだと思いました。

コンビニ

今週号の週刊ダイヤモンドは「フランチャイズの悲鳴」という特集でした。
個人のお客様にコンビニの経営者の方がいらっしゃいますが、
お話を聞く機会も多く、
なるほどと読ませていただきました。

コンビニの廃業が目立ちます。
明らかにセブンイレブンの建物を改造して
営業しているお店もたくさんあります。

以前、東京にいたときにコンビニの担当をさせていただきましたが、
今も昔も構造的な問題は変わっていないようです。

つまり、
人材集約型の仕事であるので、
オーナーの負担が大きいということです。

その反面、
成功しているオーナーさんも多いことも事実です。

なんでもやりようだと思いますが、
地の利がかなりの部分を占めるコンビニの経営は
やっぱり大変だなと思いました。

研修

先日、TKCの研修委員会に呼ばれました。
研修の参加率をアップさせる方法について、
議論がなされました。
いつの間にか僕は、
研修委員になっていたようです。

そんなわけで、
昨日は研修を受けてきました。
研修内容は、
お客様の黒字決算をどのように支援していくのか?
ということです。

そのためには、
自分自身のスキルアップが欠かせないということでした。
勘定科目の一つ一つを洗い出して、
適切な指導をする必要があるということでした。

職員さんばかりではなく、
所長先生もいらしていたので、
中身の濃い研修でした。

来月も研修があります。
忙しくても、
自己研さんを続けて行きたいものです。

イベント

近所の、うすい百貨店の前で、
イベントをやっていました。

モロヘイヤを含めて、
野菜を販売していました。
モロヘイヤを買ってきました。

昼食にお蕎麦を食べてきました。
実演販売ですから、
美味しいお蕎麦でした。

たまに、
そんなイベントがありますので、
土曜は出かけてみるのも良いものです。

ゲゲゲの女房

今週のゲゲゲの女房は、
水木先生のスランプの話でした。

振り返ると昭和50年代は妖怪がいない時代でした。
物質文明が全盛で、
妖怪は古いものとして切り捨てられていた時代でした。

でもその割にテレビではオカルト番組が多かったですが。

劇中で、
水木先生の貸本時代の古い友人乾さんが
また出版をするというエピソードがありました。

出版を諦めていた友人乾さんの奥さんが、
「倹約したら、こんなになったよ。
また、出版しなよ」と背中を押す場面があります。
「また、赤字になるよ」
「日本一ちっちゃい出版社が赤字になっても、
たかが知れてるよ」
とセリフが続きました。

と水木先生に報告に来て、
スランプに悩む水木先生に
「スランプを大いに苦しんでください。」
と中途半端な同情はしません。

妖怪あずき洗いは
「あずきしゅきしゅき(好き好き)
あずき喰おうか、
人とって喰おうか」と歌ってました。

仕事で苦しむのは自分。
悩むのも自分。
すべて自分で選んだ道ならば、
後悔はしないと思います。



NHK合唱コンクール

NHK合唱コンクールの今年の中学生の課題曲は、
大塚愛さんの「I Love ××」とかいう曲です。
ちょうど今、
みんなの歌で流れています。

今までは年末のカラオケで、
アンジェラ・アキの「手紙」や
いきものがかりの「Yell」を歌ってたのですが、
今年は断念しました。

昨日は、下の子供が小学校の校内水泳大会の
表彰状をもらってきました。
小学校は伝統校ですので、
体育館に校内記録がレコードされています。
そのレコードを塗り替えると、
記念メダルがもらえる事になっています。

下の子供は25M自由、50M平泳ぎで
記念メダルをもらってきました。
机に大事そうに飾ってあります。

しばらくは小学校にレコードされますので、
在籍していた記念になります。

秋の気配

毎日暑いのですが、
季節は着実に進んでいます。

郊外の田んぼは色がつき始めました。
案山子も出番がやってきました。
Sn3j0169

念願の

念願の司法書士ソフトをリース購入しました。
今度のソフトは、
登記情報をネットで閲覧すると、
その情報を拾ってくれる機能がついています。

ヒューマンエラーが激減するものと
思います。

というのも、
司法書士の仕事のエラーは
ヒューマンエラーが大半だからです。

「一郎」と「一朗」とかの字の見間違いが大半です。

ソフトが住所、氏名を自動で拾ってくれるので、
助かります。

説明を受けたのですが、
実際に使ってみないことには、
分からないので、
来週再度説明を受けることにしました。

「でも、そんなに仕事あるの?」という声もありますが。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »