« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

亜麻色の髪の乙女

下の子が幼稚園の年長さんの時に、
亜麻色の髪の乙女が流行っていました。
早いものであれからもう6年がたっています。
子供の成長はあっという間です。

最近は「また君に恋してる」が流行っています。
昔の良い曲がまた注目を浴びるということは、
良いものは時代を超えて良いものだということと思います。

その子供も大きくなり、
市民水泳大会に参加いたしました。
一部の競技で入賞し、
地元の新聞に名前をださせていただきました。
7月に大けがをして、
ブランクがあっただけに、
「参加することに意義がある」と思いました。
一生懸命に頑張って、
入賞できたので、
ほめてあげました。



整理整頓

ビジネス書を見ていると、
効率よく仕事を進めるためには
整理整頓が欠かせないとほとんどの本に書いてあります。
というより、
机が資料に埋もれていてもかまわないという本は
皆無です。

ご多分にもれず、
資料に埋もれて仕事をしています。
というのも、
司法書士会とか、税理士会とか、行政書士会とか
いろいろ資料がやってくるからです。
とりあえず、
積読してますので、
資料が縦に増えて行きます。

で、毎月月末に
一気に捨てる。

出欠に迷っていた研修も日程がすぎれば、
過去のものですから、
迷うことなくデリートします。

受けた電話のメモも
とりあえず保管してますが、
しばらくしたらデリートします。

ただ困るのは、
2冊ある同じ本です。
専門書なのでブックオフ向けではないし。

これは年末に捨てることにしています。

なぜ同じ本が2冊あるのかというと、
それは資料に埋もれているからです。

遺言書

昨日は遺言書作成の立会人をしてきました。

クライアントはベットに起き上がる事はできるけど、
外出が難しい状態の方でした。

公証人の先生に出張していただき、
遺言書を作成いたしました。

あまり知られてはいないのですが、
公証人の先生はご自宅や病室まで出張していただけます。

クライアントとは前もって念入りに打合せをしておき、
遺言書作成の当日を迎えます。

必要な書類は、
土地の課税台帳、戸籍謄本、印鑑証明書、
保険証というところです。

クライアントのお気持ちをお聞きして、
公証人の先生に作成をお願いするのが立会人の仕事です。

土曜日にクライアントのご宅にお伺いしたら、
「緊張しないように」と逆に励まされました。

昨日、無事に作成が終了しました。
なにやらのジンクスですが、
遺言書を作成した人は長生きできるとか。

このジンクスは本当のような気がします。
憂いを残さないので、
日々安心して眠れます。

もも

福島の友人から桃が届きました。
18歳で予備校に入って以来の友人です。
大学が一緒だったので、
卒業まで一緒に遊んでました。
でもやがて、
結婚して子供ができてとお互いに忙しくなり、
年に1度会えばよい程度になってしまいました。

その友人から桃が届きました。
実は、これからの季節の桃が美味しいのです。
その本当に美味しい桃を届けてくれました。

さっそく賞味させていただき、
昨夜は電話をいたしました。

友情も時々はメンテナンスしないと錆つきます。
人も機械もメンテナンスが必要です。

朝顔

このところ朝夕は涼しくなってきて、
通勤途中に見かける朝顔も元気がよろしいです。
朝顔はもともとは薬草として渡来したものだそうで、
種が薬草なんだとか。

でも、
我が家では朝顔の葉っぱに重宝しています。
蚊に喰われたら、
朝顔の葉っぱを手でもみつぶして、
緑の液を塗ります。

蚊に喰われたところが、
一発で治ります。

ですので、
うちの家族はこの季節、
手足に緑色の跡があります。
見かけたら、
蚊に喰われたと思ってください。

東北大会

上の娘が中学で合唱部に入っています。
といっても、
本業は卓球部ですので、
「特設」って形になっています。

それが、
本日、合唱コンクールで福島に行ってきたのですが、
機嫌良く帰ってきました。

なんと金賞を受賞することができて、
東北大会に行くことができるようになったとのこと。
東北大会は山形で開催されます。
夏休み返上で頑張ったかいがあるというものです。

また大会に出場できる事を願うばかりです。

でも、「福島市は郡山より田舎だよね」とのたまうので、
「福島市は文化都市。県文化センター、音楽堂、県立医科大、
県立図書館、県立美術館は全部福島にある。」と教えました。

もちろん福島大学も福島市です。

福島が良いとか、
郡山が良いとかどちらでもよいと思います。
どっちも福島県だということです。
福島市には桃源郷といえる桃畑があり、
郡山にはビルがたくさんあるだけです。

7つの習慣

今週号の週刊ダイヤモンドは
「7つの習慣」が特集されています。
取り上げる週刊ダイヤモンドってすごいです。
先日は「iPod」を特集したし、
タイムリーです。

もちろん、
やはり年間購読しているプレジデントも良いです。
勉強へのヒントが満載されています。

でも面白いのですが、
週刊ダイヤモンドは税理士さんのルートからの年間購読ですが、
プレジデントは司法書士さんのルートだという事です。

なんとなくわかる気がします。
司法書士さんは勉強熱心な方が多いので、
紹介されている「本」を熟読してそうな気がします。

さて、「7つの習慣」とはベストセラーの自己啓発本です。
僕の手元にもあります。
週刊ダイヤモンドに取り上げられるだけの「本」だということです。

勤勉

毎日帰宅してから「ゲゲゲの女房」を見ています。
水木しげるさんの勤勉さに驚いてしまいます。

最近、2冊の本を買いました。
一冊はいかに効率よく仕事をして残業をしないかという本。
もう一冊は、自分のキャリアアップの為にいかに残業するかというテーマの本です。

両方読んでみて思ったことは、
ライフスタイルの選択ということです。
どちらも正解だと思います。

ただ、
残業のための残業は社会悪ですね。
会社勤めの経験は短いのですが、
こんな経験がありました。
成果報酬を決めるために、
社員の発表大会がありましたが、
さしたる成果は出なくても、
長時間会社にいる人が評価されていました。
いわく「遅くまで頑張っていたと思います」

自分の事務所はそんな風潮は排除したいと思います。

それにしても、
仕事があるって幸せです。

夏休みの宿題

昨日、
ラジオを久しぶりに聞きました。
夏休み子供科学電話相談の最終日でした。

質問
「どうしてセミは飛ぶんですか?」
とか、
「どうして地震は起きるのですか?」
とかの質問がありまし。

今朝、
上の子供に「どうして地震は起こるの?」と尋ねたところ、
得意げに「太平洋プレートが日本海プレートに沈み込むから」と
まったくもって夢のない答えが返ってきました。

いよいよ8月いっぱいの夏休みが終了します。
もし、
首都圏にいたとしたら今週の土日は夏休みの宿題デーだったと思います。
そう言えば、
夏休みの思い出の写真を幼稚園に持っていかなくてはならないと言われ、
最終日に秋葉原にあった、
交通博物館に行った記憶があります。

我が家の宿題デーは24日でした。
2学期が始まった25日は早朝から宿題をしている娘たちでした。

自分自身の子供の頃の夏休みは、
ひたすらゴロゴロしていて、
NHK教育テレビを見まくっていました。
蛙の子は蛙ってことですね。

8月

いよいよ8月が終わります。
今月の日経新聞の私の履歴書は
もと西部の監督の広岡達朗氏でした。

野球選手の履歴書は、
当時の事件を覚えているので、
そうだったのかと面白いです。

随所に川上氏へのコメントがありますが、
ウィットに効いていて、
面白い記事でした。

以前、
長島茂雄氏が書いたときは、
例の解任事件の裏話を読めるかと期待してましたが、
氏は大人の対応をしましたので、
人柄を感じることができて良かったです。

悔しさは人生のバネですね。

暑いですね

毎日暑いですね。

付近で行われる花火大会が土曜日で終了しました。
隣の市の行事ですが、
私事のように大勢の人が出かけます。
交通規制がかかり、
非日常の空間となります。

今日は、
花火大会の会場付近を走行しました。

まだ花火大会の余韻が残っていて、
火薬のにおいがしている錯覚を覚えます。
後片付けをしていました。

もうじき夏も終わるはずですが、
毎日暑くて暑くてたまりません。

午後は福島市に行ってきました。
さすがにめちゃくちゃ暑かったです。
福島大学の学生だったころは
エアコンなしで生活をしていたのですが、
毎晩暑くて眠れませんでした。

どうしたって眠れないので、
夜風に吹かれていたこともあります。
その夜風も暑かった記憶があります。


パティ君(秋田犬)

お客様のワンコ(秋田犬)のブログを教えていただきました。
パティ君(男の子)です。
今日、あってきましたが、
かなり大きいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/edfstaff/41886840.html

ゲゲゲの女房(123回)

夏休みを迎えて、
ゲゲゲの女房の劇中で、
戦時のころが回想されています。

第123回は泣けました。
ラバウルの局地戦で敗退し、
断崖絶壁にしがみついているときに、
生まれ故郷の境港の母がその様子を夢に見て、
連れていかれないように一生懸命に名前を呼ぶシーンがあります。
連れていかれないように、
ひたすらに名前を呼び続けます。
はるか南方のラバウルに向けて。

見ていて涙が止まりませんでした。

やっとの思いで味方の陣地にたどり着いた時に、
「敵前逃亡」とののしられるシーンもありました。

先日、アッツ島玉砕の記録をNHKでやっていました。
なぜ守備隊が全滅したのかという事の検証でした。

明日を夢見ることができる平和な時代に生まれてきて、
1年後を当たり前のように想像できる自分。
もっともっと日々を精進したいと思う一日でした。


海!

今日は、Jビレッジの付近までロングドライブをしました。
お客様のご実家の写真を撮りにお伺いしました。
温泉付きの道の駅ってことでプチ有名な
道の駅ひろので昼食をとりながらのドライブです。
アポイントの時間まで30分あったので、
海を目指しました。

Jビレッジはもともと東京電力の火力発電所の近所にあります。
海が近い施設です。

ふらふらっと走って行ったら、
堤防が見えてきました。
ちょうど、登りの階段も見えたので、
車を寄せました。
先客がいました。
春日部ナンバーの乗用車です。

潮風に吹かれようと、
防波堤を登り、
海を眺めました。

以前、「いわきの海は澄んでいて青さが違う」と聞いたことがあります。
確かに空の青さよりも、
深い青の海でした。
首都圏のように施設は整っていませんが、
のんびりとした時間を過ごすことができる海です。

やっぱり海は良いですね。

流しおどりをしました

8月6日は、うねめ祭りで流しおどりに参加しました。
6時30分から8時30分までの2時間、
駅前の大通りを、
踊り流しました。

踊り始めの6時30分の時間帯は、
まだ夕焼けが西の空を茜色に染めていて、
雲がとてもきれいでした。

掛け声とともに踊りは始まりましたが、
反対側の通りでは、
ミスうねめが踊っている姿が見えました。
しっかり練習しているので、
僕らの踊りとは全然違います。
なんせ1年ぶりに踊りますので、
見よう見まねで適当ですから。

沿道からの掛け声をいただいて、
2時間たっぷり踊りました。

土曜日もうねめ祭りは続いているのですが、
自分の中では完全燃焼しています。
子供と一緒に買い食いの日となってしまいました。

そう言えば、青年部の仲間から、
「子供は踊らないの?」と聞かれて、
「中学生だから、遊んでくれない」と答えたところ、
「もうじき、ミスうねめで踊るんじゃないの?」

確かに、時間は経過していて、
後数年で応募できます。
郡山に帰ってきたときはまだ小学3年生でした。

夏休み

夏休みの行事はどんどん進行しています。
この土日は、
スタッフの方々もあちこちお出かけになられたようで、
月曜日はお土産がたくさん集まりました。

我が家の夏休みは、
例年通りです。
東京見物にでも行ってこようかと思っています。
大宮の「交通博物館」を提案したのですが、
却下されてしまいました。
父はつらいです。

ビール祭り報告

ビール祭りに行ってきました。
青年部の枠でサーバーのお手伝いをしてきました。
アサヒのレーベンブロイを担当させていただきました。
一般のお客様に直接販売することは、
非常に楽しい時間でした。
「最高に美味しい生ビールですよ」と大声を張り上げて、
ストレス発散できました。
予定時間が終了したら、
後はレーベンブロイをたらふく飲んで帰ってきました。
夕方の時間帯に、
外でビールを飲むことは最高に楽しい時間でした。

来週は、うねめ祭りがあります。
浴衣で流し踊りを踊ってきます。
なんでもそうですが、
観るよりは参加した方が楽しいです。

それにしても、
夏は楽しいですね。

ゲゲゲの女房(106回)

ゲゲゲの女房(106回)の放送を見て、
涙が出て止まりませんでした。
「悪魔くん」という漫画がテレビドラマ化され、
放映された日のエピソードですが、
かつての苦労時代を一緒に過ごした仲間たちが、
それぞれの場所で、
テレビを見ながら涙するというシーンでした。
かつての仲間の成功を、
自分の事のように喜ぶ姿が心を打ちました

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »