« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

ノルウェイの森

村上春樹の「ノルウェイの森」が映画化され、
ビートルズの原曲が作品中に使われるというニュースがありました。
そんなときに限って、
文庫本を見つけたりします。

ついでだから、
読んでみました。
作品中に「グレート・ギャッビー」の話題が出てきます。
そう言えば、
村上春樹が翻訳した版が出版されていたはずです。
古い版では読んだことがありますが、
それもこの本の影響で読みました。

1Q84では、
ヤナーチェクのシンフォニエッタを印象的に使っていて、
昨年は大流行しました。

今日は実家に寄りましたが、
ヒグラシが鳴いていて、
これぞ夏の夕方でした。


梅雨明け

東北地方も梅雨が明け、
短い夏が始まりました。
梅雨が明けたと思えば、
気温35度の毎日です。
肌寒かった数日前とは大違いです。

7月末から市内の開成山公園で、
ビール祭りが開催されます。
とても大きなビアガーデンが公園に出現します。
ステージでは音楽やダンスが発表され、
冷たいビールを有料で飲むことができます。
夏の風物詩です。

そのあとすぐに、
采女祭りが開催されます。
市内を通行止めにして、
流し踊りを踊ります。
これも夏の風物詩です。

ふと考えると、
もう今年も半分を経過しています。
毎日を名一杯楽しんで、
精一杯仕事に励まなくてはなりませんね。

家の買い方

仕事柄、
マイホームのアドバイスをすることがあります。
不動産屋さんから電話が鳴ります。

一番多いのは、
夫婦共稼ぎの場合に持分をどうするのかという相談です。

日常家事債務と言えなくもないでしょうけど、
贈与関係が生じる恐れがありますので、
負担する金額に応じて持分をつけることをお勧めしています。

ご両親から住宅取得のための贈与を受けることもできる制度もあります。
その制度を利用して奥様のご両親から頭金の贈与を受けた場合に、
ご主人様の名義にしてしまうケースがあります。
贈与の問題が発生しますので、
ご注意が必要です。

後々の事を考えると、
負担に応じて持分を設定するのがベストだと思います。
これは、税金面ばかりではなく、
相続問題が発生した場合に、
重要になってきます。
特に再婚の方の場合や、
子供がいない場合には注意が必要です。

ノウゼンカズラ

ノウゼンカズラのオレンジ色がとてもきれいな季節になりました。
子供のころのとても暑い思いでがよみがえります。

最近、「ゲゲゲの女房」をビデオに録画して観ています。
今週は、「墓場鬼太郎」を連載する場面までやってきました。
時代は昭和40年3月からのお話です。
ちょうど私が生まれたのが、
その頃ですので、
懐かしくなりました。

今週クライアントの方々にお配りした
「経営者の四季」という小冊子に、
経営のポイントが載っていました。

要するに夫婦で頑張れば、
道は拓けるという内容でした。

「ゲゲゲの女房」を見ていて思いますが、
貧乏を楽しんでいるように思えます。
貧乏だけど、
よく笑う奥さんだったからこそ、
成功へ辿りつけたのではと思います。

そういう視点で見ると、
私のクライアントの方々は
仲良しさんばかりです。

ちなみに、
NHKの受信料は払っていますので、
ブログに書いても安心です。

郡山もゲリラ豪雨になやまされています。
先週のゲリラ豪雨は町中がプールになりました。
特に駅前付近はひどい状況でした。
幸いなことに、
犠牲になられた方がいらっしゃらなくて、
物的な被害だけでした。

事務所のスタッフのご主人さまも物的な被害にあい、
自動車を買う事になったと報告がありました。
道に水がたまっていて、
エンジンに水が入ってしまい修理不能だそうです。

テレビのニュースにも映りましたが、
良い話題でニュースになりたいものです。

ありがとう

30年前のありがとうを今日言われました。

30年前の冬、
福島県は大雪が降りました。
鉄道も不通になり、
法務局の職員だった方が、
ご自宅に帰ることができなくなり、
我が家の乗用車でお送りいたしました。
といっても、
大雪の中のドライブでしたので、
丸一日のロングドライブとなりました。
つまり、
とにかく大変な道中でした。

そのお送りした方と、
今日お会いしたところ、
30年前のありがとうを言われました。

とてもうれしくなりました。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »