« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2012

アメリカのパニック映画の「1812」を見ました。
テレビに「アクトビラ」というボタンがあるのですが、
インターネットと接続するサービスです。
ビデオをオンラインで見ることができます。
昨夜は「1812」を見ました。
映画は、惑星直列により太陽から放出されるニュートリノが変化し、
質量を持つことになり、
地球が電子レンジのように温められるというものでした。
温まった結果、
地殻が流動的になり、
地表がズルリと滑るということでした。
結果的に洪水が起きるので、
方舟を作って人類を生き延びさせるというお話でした。

パニック映画として観るのならば、
面白いと思います。
マヤ文明の2012年の予言の謎を解くというお話と思って観たので、
肩透かしでした。

インスタントコーヒー

東野圭吾の作品に、
物理学者の湯川教授が物理学でなぞ解きをする
天才ガリレオシリーズがあります。
作品中、
ガリレオ先生はインスタントコーヒーを好んで飲んでいました。
というわけで、
何事にも影響されやすいので、
最近、夜の仕事はインスタントコーヒーと
ストロベリーチョコレートが定番です。

問題がひとつあります。
基本的に、薄めのコーヒーをガブガブ飲むのが好きなんですけど、
インスタントコーヒーの濃さって難しいですよね。

そういえば、
高校生の頃、
コーヒーとココアを混ぜて飲むスタイルが流行りました。
ホットモカジャワと言ったと思います。
その原始体験が
コーヒーにはチョコが必要だということになるのだと思います。

いきものがかり

29日(土)は「いきものがかり」のライブに行ってきました。
クリスマスプレゼントに買ったCDに先行予約の抽選があり、
抽選に当たりました。
朝、郡山市民文化センターの裏手に機材を積んだトラックが止まっていました。
機材の搬入が終わると、
ドライバーさんは、
タイヤやホイールを磨いていました。
ちょっと感動しました。

ライブ会場は、
僕が一番年長者かと思いましたが、
なんのどっこい、たくさんのお父さんがいました。

ライブはあっという間の3時間でした。
アンコールが終わって、
舞台から引き揚げるときに、
彼らは手を振り、舞台を走り回りました。
市民文化センターは舞台のそでにせり出している部分があるのですが、
そこまで走ってきて身を乗り出して、
手を振り続けました。
客席からは「ありがとう」という声があちらこちらからかかりました。
そして大きな拍手で彼らを送り出しました。
もう一度振り返り、
大きく頭を下げて彼らは舞台から消えました。
今まで、
たくさんライブに行きましたが、
一番感動したエンディングでした。

NHKの「ゲゲゲの女房」のオープニングを担当しているので、
ますます知名度は高まると思います。

ジャーマンアイリス

金曜にお客様のご自宅に届けるものがありましたので、
事務所で飾っていたバラを手土産に持たせました。
すると、
お客様が丹精込めて育てたジャーマンアイリスをいただいてきました。
事務所の花瓶に一気に入れて、
初夏の雰囲気を楽しんでいます。

東京には菖蒲園がたくさんあり、
この季節は菖蒲祭りが開かれていますが、
なかなか田舎も負けていません。
白河のフラワーワールドでは100万本のジャーマンアイリスが
咲き乱れているようです。

子供駅伝

駅前で子供駅伝大会が行われました。
小学生たちが、
学校単位やサークル単位でチームを組んで、
街中を疾走します。
自衛隊のお兄さん(?)方が伴走してくれます。
実況中継も入る本格的なものです。
我が子が出場するというわけでもないんですが、
ついつい応援してしまいました。
頑張っているのに、
一生懸命に走る小学生の姿に感動しました。
付き添いのお父さん、お母さんが本気になって応援するのもわかります。

昨日、新幹線を降り立ったら、
改札口に携帯のカメラを向けた娘さん方が何人もいました。
NEWSのテゴマスのコンサートがあったんです!!
普段テレビで見ている人が近くに来ると、
ドキドキしますね。

近所に藤の花が満開です。
夜の帰り道、
とても良い香りがします。
シルシルミチルの堀君風のコメントなら、

とても甘い香りがして、
紫と白のバランスがちょうどよくて、
とてもきれいです。

県民ショー

来週の県民ショーは福島が出てきます。
昨晩、
テレビを見ていたら、
「まんじゅうの天麩羅」というキーワードが出てきました。
えっ?
他の県では、まんじゅうは天麩羅にしないのでしょうか?
昨日いただいた、
かりん糖まんじゅうも、
天麩羅といえば天麩羅でしたけど。

ビタミンソング

ママチャリレースの結果としては、
筋肉痛にもなりませんでした。
ゼスト佐藤社長よりお電話をいただき、
筋肉痛を心配されましたが、
日ごろの成果が出たものと確信しております。

今朝、久しぶりの法務局からの帰り道、
やっぱり久しぶりに、
ラジオビタミンを聞いていたら、
島谷ひとみの「亜麻色の髪の乙女」が流れてきました。
7年くらい前に、ヒットしました。
下の子供が、幼稚園の運動会で、
この曲に合わせてバルーン体操をしたことを思い出しました。
思い出したら、
笑いが止まりませんでした。
たくさん笑ったら元気になりました。
まさにビタミンソングですね。








ママチャリレース

5月16日(日)に南会津町で開催された
7時間耐久ママチャリレースに出場してきました。
たかつえカントリークラブの外周コースで競います。
7時間という長丁場を8人のメンバーで交代しながら、
自転車をひたすら乗ります。
コースは、
一周5キロのコースで半分は下り坂、
折り返し半分は上り坂というコースです。

下り坂は風を切り快適にスイスイ自転車は走りましたが、
上り坂は自転車を押してひたすら歩きました。
下り坂が快適な分、
上り坂はひたすら長く、
ひたすら辛いものでした。

何度立ち止まろうかと思いました。
でも一度足を止めれば、
もう歩けないことは分かっています。

でも、ここでリタイアしてしまったら、
ここまでタスキをつないでくれた、
チームのメンバーに申し訳ない。
ただそれだけの気持ちで一歩一歩足を進めました。

自分を抜いていく人がいても、
追い付けない悔しさ。
足が出ない悔しさ。

自分との闘いが始まりました。
自分はこんなにも弱いのか?
自分はこんなにも根性がないのか?
自分は死ぬ気で実行できないのか?

息が上がりゼイゼイする口には、
スポーツドリンクでさえ、
喉をとおりません。

もう少し、
あと一歩。
この坂を登り切れば、
そこからは下り坂で、
タスキを渡せる。
きっとみんな待っている。
きっと帰ってきたことを喜んでくれる。

ずっとそんなことを考えて、
自転車を押して、
上り坂を登りました。

耐久レースで得たものは、
忍耐と、達成感でした。
多分、明日は筋肉痛です。

GW

GW前は冬物のコートを羽織っていましたが、
GWになったとたんに夏がやってきました。
4月末に冬タイヤを換えて良いものかと悩んでいたことが、
嘘のようです。

GWは奥会津に行ってきました。
田子倉湖や河合継之助記念館に足をのばしました。
桜がまだこれからという具合でしたので、
思わず花見をすることができました。

子供の日に、誘われてゴルフ場に行ってきました。
桜が満開で綺麗でした。
花吹雪がとてもきれいでした。
先日、諸先輩方とお話をさせていただく機会がありまして、
生涯スポーツとしてのゴルフの魅力を教えられました。
僕は桜や、紅葉を眺めることができるだけで、
ゴルフには魅力があると思います。
あれだけの桜を、
その時間だけは独占できる贅沢は、
ゴルフ場以外にはありません。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »