« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

山桜

日曜日にゴルフ場に行ってきました。
今年初めてのゴルフということで、
プライベートでワイワイと楽しくやってきました。

ゴルフ場は山の中ですので、
ちょうど満開の桜を見物することができました。

帰りの車の中でラジオをつけると、
NHKで朗読を放送していました。
聞き入ると藤沢周平の「山桜」でした。

花見ゴルフの帰り道に「山桜」を聞くのも風情と思い、
ボリュームを上げました。

映画で見ているため、
朗読場面のそれぞれのシーンが思い出されます。
ストーリー自体は結論が出ないまま終わるのですが、
手折ってきた「山桜」が明るい未来を比喩してます。

ふと、
GWは藤沢周平でも読もうかと思いました。


野球

満開の桜の中、
楽天とロッテの試合が開催されました。
普段、テレビで見ている試合をとは大違いでした。
夕暮れとカクテル光線の球場は、
とてもきれいでした。
球場での応援の音がそれほどうるさくないので、
バットがボールを弾く音が聞こえてきます。
ペシンという乾いた音が、
球場中に響きます。

日没後は風が強まり、
満開の桜の花びらが、
球場にも舞い込んできました。

試合は井口の2塁打で序盤に決着がつきましたので、
無理をせず帰ってきました。
体が冷えてしまったので、
居酒屋で焼酎のお湯割りで温まりました。

試合の後半部分は、
居酒屋のテレビで観戦しました。

帰りのタクシーで運転手さんと話をしましたが、
話題は楽天の試合運びでした。
昨日一日は野球少年になりました。
というか野球中年ですね。

満開

桜がようやく満開になりました。
首都圏の桜は、
2週間かけてじんわり咲きますが、
東北の桜は、
駆け足で咲ききります。
でも、
今年は先日の大雪のおかげで、
ゆっくりと蕾をひらいています。
近所のお寺さんの2本の大きな桜が、
ライトアップされていて、
帰宅の際に見とれています。

昨夜は、
あぶくま高原豚の試食会でした。
休耕山に放牧した豚です。
思いっきり運動した豚は、
脂肪分のすくないすっきりとした味わいでした。
ちょっと堅めの味わい深い豚でした。
試食会でしたので、
いろいろな種類の料理が提供されました。
煮込み料理とハムがおいしかったです。
将来はイベリコ豚のように
生ハムが有名になると思います。

東京

土曜日は大雪の朝でした。
大雪の中、東京へ出張してきました。
東京は、司法書士会の政治連盟の総会でした。
久しぶりの千代田区平河町でした。

政治連盟の式典には、
法務大臣、法務副大臣のご臨席を賜りました。
谷垣自民党総裁のご臨席もあり、
日本の政治の中枢にいるなという感じがしました。

式典が終わって、休憩時間になりました。
外の空気を吸いに出て
足の向くまま歩をすすめたところ、
気がつけば、赤坂見附付近を歩いていました。
見慣れた景色に、
ついつい歩いてしまいました。

暑かったり、寒かったり

天気が毎日変化しています。
初夏のように暑かったり、
真冬のように寒かったりとしています。
桜の花もようやく咲いたのですが、
満開までは、まだ時間がかかりそうです。

ところで事務所の窓から見える、
近所の木蓮がようやく満開になりました。

ハトの巣作り

野生の鳩が巣を作りました。
巣は自宅マンションの自転車置き場です。
誰の自転車なのかは存じ上げませんが、
どなたかの自転車の籠に巣をこしらえて、
現在は、
卵を温めています。

子供から鳩の話を聞かされたので、
見てきました。
じっと覗きこんでも、
親鳩は逃げようとはしません。
むしろ不機嫌そうに、
「文句あるの?」と言わんばかりに、
こちらをジッと見つめてきます。

卵がかえったら、
きっと大変なことになるのだと思うのですが、
子を思う気持ちはよくわかるし、
ウチの自転車でもないので、
傍観者として楽しませていただこうかと思います。

桜咲く

7日に桜のライトアップ行事も行われ、
いよいよ桜の季節になってきました。
比較的暖かい場所では、
桜の花が咲きだしてきました。
いよいよお花見の季節です。

この季節の最大のイベントは、
何といってもマスターズです。
今年は石川遼選手が予選を突破で切るかどうかが、
最大の関心事です。
タイガーはタイガーのままですので、
優勝争いに絡んでくると思いますが。

春到来

遅ればせながらも、
確実に春はやってきています。
沈丁花も咲き誇り、
モクレンも咲きだしました。

近所の桜のつぼみも、
いよいよ膨らんできています。
もうじき、
お花見ができそうです。

東京は先週の土日が満開だったようで、
テレビでお花見の様子が中継されていました。
例年は入学式のときに満開ですが、
今年はちょっぴり早かったようです。


« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »