« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

租税教室

昨日は税理士会の要請で、中学校へ租税教室に行ってきました。
中学校からの開催依頼が今月に入ってからということと、
月末の開催ということで人選には苦労なさったようです。
そんなわけで出身校ということで、私に白羽の矢が立ちました。

出身中学校ですので、当然に実家付近といういうことになります。
開催は1時30分から2時20分までということでしたが、
1時までに来てほしいという連絡がありました。

そんな事情で、10時30分には事務所を出発しました。
11時30分に実家の町に到着して、
友人を誘って例のラーメン屋さんに行きました。
今回は待たずに入れました。
出汁の香りと醤油がマッチしていて、
スープまで飲み干しました。
中毒です。

租税教室は税務署の広報の方のアシストという立場のようですので、
1時前には中学校に到着しました。

通されたのは応接室ではなく、
会議室でした。
1人で税務署の広報の方の到着を待ちました。
あまり歓迎されていないようです。

租税教室は定刻に開始しました。
多目的ホールという場所で、カーペットが敷いてあります。
生徒のみなさんは床に座り、
税務署の広報の方のお話を聞き始めました。
でも、私が待機する場所がありません。
椅子を見つけたので、
自分で出して座りました。
どうもあまり歓迎されていないようです。

税務署の広報の方のお話が伸びたので、
2時10分から話を引き継ぎました。
10分間、税理士の仕事、タックスペイヤーとしての意識をもつ
そんなことを話させていただきました。

終了後、校長室に案内されました。
今度は応接セットに通されました。
でも校長先生はお仕事がお忙しいようで、
事務机に座ったままでした。
やはり歓迎されていないようです。

学年主任の先生と10分くらい雑談をして
帰ることにしました。
ちょうど2時30分に学校を出ました。

それから帰りましたので、
事務所に到着したのは4時近かったです。

秋晴れの日、ドライブができたし、
ラーメンも食べることができたので、
ついていた一日でした。
でも結論的には、「高校生のための法律教室」の方が面白いと思いました。

ふぐはふく

商工会議所のシニアアドバイザーで縁ができたお店にいってきました。
ふぐの専門店です。
夏バテの解消に、元気回復コースを設定しましたというDMをいただいたので、
家内と二人でお邪魔しました。
ふぐはふくですね。
美味しいものを食べると、心はふくになります。

今日は同年代の経営者の方が事務所においでになりました。
これからの経営についてお話をしましたが、
しっかりとした考えをお持ちでした。
税理士としては非常にやりがいを感じる人でした。
パワフルで熱い話をしているうちに
2時間が過ぎてしまいました。
密度の濃い時間はあっという間に過ぎていくようです。
近い将来、地元経済を引っ張る方と
お話ができるのはついています。

ふぐ

ジンクス

今日から地元のお祭りが始まりました。
時々賑やかにお神輿が通過していきます。

最近、メタポリック・シンドローム対策のダイエットを始めました。
食事の前に千切りキャベツを食べるというものです。
キャベツの繊維質が満腹感を出すので、
結果的に食べずにすむというものです。
加えて、キャベツには整腸作用もあるので、
ダイエット効果があるということです。
現在のところ、
あまり効果が感じられません。
やはり、ビールを飲むのが最大の肥満要因のようです。

実はジンクスがあります。
ウチの家族がお店で買い物をすると、
お客が増えるというものです。
例えば、高速道路のサービスエリアの屋台売店で買い物をすると
人が並ぶという具合です。
今日、顧客先のパン屋さんに行きました。
社長を待つ間に、
ドンドンお客様がやってきます。
「お客が増えるから、毎日来てください」といわれました。
逆ジンクスでなくて良かったです。

ラーメン

昨日はお彼岸の中日というとで、
お墓参りにいってきました。
実家の近所に有名なラーメン屋さんがありますので、
昼食はラーメンでした。
ラーメン屋さんは行列ができていました。
東京ではラーメンは行列ができていますが、
田舎でははじめての経験です。
7人が並んでいる行列の最後尾に並びました。

ラーメンは普通のラーメンです。
いわゆる「しなそば」というやつです。
普通盛りで、一般的な店の大盛くらいの量です。
家族4人で大盛を2つ注文しました。
暑さ4ミリの自家製チャーシューが3枚載っています。
シナチクは業務用のものですが、
麺は自家製です。
中太ストレートです。
というわけで、麺はたっぷり入っています。
スープは魚系の出汁と醤油味です。

子供用のドンブリに分けてもまだまだたっぷりあります。
ですので、惜しまずに分け与えます。
チャーシューも2枚贈呈しました。
それでも1枚残っています。
それから食べ始めました。
額に汗をかきながら、ハフハフと麺を手繰っていきます。
スープを吸い込んだ麺は、
小麦の香りも豊かになるようです。
とにかく病み付きになります。

なぜ行列ができるのかというと、
病み付きになった人が休みで帰ってきてるからです。
そして日曜日は営業をしないからです。
つまり、住んでいない人にとっては
土曜日しかチャンスがないということです。
ですから、お墓参りに帰ってきた人たちが大勢押し寄せます。

満腹のおなかをポンポン叩きながら店を出ると、
行列はさらに伸びていました。

ところで、
東京にも美味しいラーメン屋さんはあります。
光が丘の大盛軒がお勧めです。
駅そばのリビンの地下にあります。

金木犀

庭の金木犀の花が咲き出しました。
とても良い香りがします。
気がつけば、近所の金木犀も咲いています。
秋です。
金木犀の木は、葉が大きくてワサワサと茂っています。
楽しめるのは花が咲くほんの一瞬だけです。
まるで桜のようですね。
良いところを見つけて愛でる日本人の感性でしょうか。
金木犀も桜も、花が咲いている一瞬のために一年がある。
その一瞬のために愛されます。

先週、税理士会の登録時研修に行ってきました。
朝の9時から午後5時まで授業がありました。
民法の授業がありましたが、
懐かしい思いがしました。
税理士も法律を学ばなければならない時代のようです。
とすると、勉強はこれからも続くというわけです。
多難の時代です。

いわき市

先週は家内が入院してしまい、
てんやわんやの一週間をすごしました。
その期間は、仕事と家事の両立を目指しました。
結局は体力勝負です。
世の中の働く主婦は大変ですね。
自分で子供の面倒を見ながら仕事をすると良くわかります。

今日はいわき市に行ってきました。
空が違いました。
透き通る青空でした。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »