« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

ビール祭り

駐車場にシュウカイドウの花が咲き出していました。
梅雨明け宣言はまだまだですが、もう8月になってしまいます。

週末はビール祭りでした。
市内の公園に会場を設けて、ドイツ人の歌唄いが演奏を奏でます。
私は土曜日の12時から5時までビアサーバーの係りをしました。
担当したサーバーはレーベンブロイです。
レーベンブロイはドイツビールですが、アサヒビールがライセンス販売しています。
当然、美味いビールです。

でも知名度が低いため、だれも注文してくれません。
みんな隣のスーパードライを注文します。
そこで、スーパードライを注文したお客様に試飲サービスを展開しました。
待ち時間の30秒の間に二口分だけ試飲をしていただきました。
作戦は大成功!
2杯目からはレーベンブロイを注文いただく人が何人もでてきました。

それにしても商売は楽しいものですね。
ビール祭り自体は大盛況でした。
ステージ上では絶え間なく出し物が行われていますので、
ビールを飲みながら楽しい時間をすごすことができます。

来週は釆女祭りです。
毎週夏祭りが行われています。
釆女祭りは踊りで参加する予定です。

お客様との関係

手配していたお中元が届きだしたらしく、
先輩からお電話を頂戴いたしました。
「がんばってるね」という激励の言葉がうれしくなります。
でも、何をがんばってるのでしょうか?

僕の「がんばり」は自分で歩くということです。
実は実家の両親も同業ですので、
両親と一緒に仕事をするという選択肢もありました。
その方が楽な生き方だと思います。
でも、僕は自分で創業することを選択しました。

その理由は自分で歩きたいからです。
たった一度の人生だから、やりたいようにやるという選択をしました。
そのがんばりに激励の言葉をいただいたと思っています。

今日はアポイントのお客様がキャンセルになったので、のんびりした時間がありました。
空き時間ができると、手持ち無沙汰になるのは、
仕事中毒の発現でしょうか?

機械

法務局は普段は支局という大き目の役所に行っています。
昨日は法務局の出張所という支局より小さい役所にに謄本を取りに行ってきました。
登記簿を冊子から取り出して、コピー機にかけて
自動折り曲げ機で製本してという作業を久しぶりに見ました。
機械化されていない庁舎はどこか温かみを感じました。
というより、法務局の職員の方々にゆとりがあるような感じがしました。

支局で予定されていたコンピューターのオンライン申請の指定庁が取り消されました。
理由はセキュリティ上の問題だそうです。
その事前打ち合わせ会に行ってきました。
オンライン指定庁になると、権利証がなくなります。
その代わりに13桁のパスワードが発行されます。
このパスワードは不動産ひとつにつき、かつ、登記名義人1人につき1つ発行されます。
つまり、50筆の登記を申請して、2人共有の場合には
100個発行されるということです。
そのすべてをチェックしなくてはならない事務負担は想像するに大変だと思います。

機械に使われてはいけまんせんね。
といいながら、PCに触らない日はありませんが。

プルーン

車を走らせてから、忘れ物に気がつくときがあります。
同じ方面なら一緒に用事を済ませることができたとか、
そんな事が最近増えました。
段取よく物事を進めることができればと思います。
同じ道を一日に何度も往復すると結構疲れます(^^ゞ
特に、法務局と市役所が隣接してますので、何度も往復してしまいます。

通勤途中にプルーンの木を植えている家があります。
昨年の秋口に引っ越してきましたが、そのときはたわわに実ってました。
そのプルーンの木に、アメリカシロヒトリというガの幼虫が巣を作りました。
成虫は三角形の白いガです。
その幼虫は葉っぱなら何でも食べます。
木を枯らすまで食べます。
ガの幼虫は卵からかえると集団で繭玉を作りますので、そのときなら一網打尽にできます。
その家の人に教えてよいものかどうか悩んでいます。

明日から夏休みです。
郡山は毎週末にお祭りがあります。
最大のお祭りが釆女祭りです。
仙台七夕祭りのついでにぜひお立ち寄りください。

向日葵

梅雨空が続いています。
向日葵の花が、肩を落としてうなだれながら咲いていました。
花びらに滴る雨が、まるで涙のようでした。
向日葵には胸を張って、晴天が似合いますね。

そういえば、ヒグラシが鳴きだしていました。
あの鳴き声を聞くと、母の実家で遊んだ記憶がよみがえります。
母の実家は農家ですので、夕方まで農作業をしています。
薄暗くなり、子供だけで遊んでいると心細くなります。
いつも夏の夕方はヒグラシが鳴いていました。

髪の毛が伸びてきたので、セットがしにくくなりました。
で、朝シャンの後のまま仕事に出かけました。
すると法務局で、「雰囲気がいつもと違いますね」と言われました。
そんな訳で明日もいろいろな人と出会う予定ですので、
夕方、美容室に行ってきました。

美容室を選ぶポイントは、入りやすさでしょうか。
今回は趣向を変えて東京資本のチェーン店に行きました。
空いていて入りやすかったのです。
美容室の印象は過剰サービスだと思いました。
ハンドマッサージをしてもらいましたが、
クリームで手がぬるぬるになってしまいました。
だったら、肩をもんでほしいですね。
ぬるぬるした手で携帯を触ったら、携帯がぬるぬるしてしまいました。
このブログを書く前に、手は洗いました。
携帯ばかりではなく、キーボードもぬるぬるになってはたまりません。

タチアオイ

TKCに入会してすぐに、入会セミナーがあります。
僕はちょうど第100回目の入会セミナーに行ってきました。
そのときに、山のように本をいただきました。
例によって、積読状態でしたが、この連休を機会として読みました。

「この人生をいかに生きるか」という飯塚毅先生の本でした。
結局、一度きりの人生を有意義のものとして生きろというメッセージでした。
ちょうど、残り時間を意識した今の自分にぴったりのタイミングでした。

書中にたくさんの本が紹介されていました。
いずれ機会があれば、読みたいと思います。

借りている駐車場のそばに、ムクゲが咲いていました。
周りを見渡すと、タチアオイも咲いていました。
夏ですね。

再読

身教授録を再読しはじめました。
一日一章読み進めます。
再読は新たな発見があります。
昨日も書きましたが、教授録にも今を大切に生きてくださいという
メッセージがあります。
保険契約で残りの人生を考える機会を得て、
改めて気がつきました。
私もいずれ鬼籍に入るということです。
幸福なことに両親が健在ですから、想像すらしませんでした。
この瞬間を大切に生きようと改めて思います。
一瞬たりとも無駄にしたくはありませんね。
保険契約をした当初は自分の死を直視する勇気が持てませんでしたが、
今を輝かせるチャンスをいただいたわけですから、
契約してよかったと思います。

今日も徒歩で通勤しました。
カッコウは今日も鳴いています。
カッコウに負けないように今日をがんばります。

その後の感想

今回の契約は人生を見直す良い機会になりました。
漠然と考えていた将来の出来事がわかりました。
確実に目をつぶっていた娘の結婚のこともチラッと考えました。
どんな男性と結婚するのだろう?とか、
どこに居宅を構えるのだろう?とか、
寂しい気持ちの前取りができました。

自営業ですので、基本的には定年はありませんが、
それでもやがてはリタイアの時がきます。
リタイア後の生活はどうなっているのでしょうか?
これも目を背けていました。

今回、契約をして心から良かったと思います。
自分の死を直視することは厳しいことですが、
それでも後半の人生を考えることは良いことですね。
死を直視すると時間を無駄にできなくなります。
誰もが残り時間を生きているんですよね。
とすると毎日を精一杯生きていこうと思います。

今までは保険契約を安易に考えていました。
実は保険契約は自分自身の後半の人生と契約をするということに気がつきました。

養子になる?

生命保険の契約をしました。
あえて自己契約をしないで、保険会社の人コンサルをお願いをしました。
その理由は、生命保険の話をされたときに人はどう思うのか?が知りたいからです。
結果は、自分の死後の話をされるということは、あまり気持ちの良いものではありませんでした。
決して不愉快というわけではなく、不安がよぎるということです。
普段、専門家として相続対策としてお話をさせていただいていたことは、
もしかしたらお客様を不安にさせていたのかもしれません。
そういえば、あまりいい顔をされませんでした。
ようやく遺言書をお書きにならない方が多い訳がわかりました。
死を直面する勇気はなかなか持てませんね。
できれば目を背けたいものです。
税理士にとってはどんな経験も無駄にはならないようです。

似たような話に養子の話があります。
お客様には相続対策、家族問題の解決策のひとつとして提案しています。
でも、自分が養子になることには抵抗があります。
これも経験したほうが良いかもしれませんね。

七夕ですよ

七夕の今日にあわせて暑中お見舞いをだしました。
市内の方には本日中に届くと思います。
でも、文面が
「酷暑のみぎり・・・」となってます。
あまりに寒いので少し違和感を覚えます。

今朝の新聞にニイニイゼミが啼き始めたという話題が載っていました。
とするとやっぱり夏なんですよね?
だから暑中お見舞いは大丈夫ですよね?

というわけで、暑中お見舞いの第2弾は少し暑くなってから出します。

それにしても、紫陽花はきれいですね。
昨年は、王子の飛鳥山に見に行きました。
東京地方の方が花の名所はありますね。

今夜は晴れるでしょうか?

かっこう

自宅から事務所への道のりは普段は自動車ですが、飲み会の日の翌日は徒歩です。
事務所までの近道に公園を抜けていく道があります。
昨日もトホトホ歩いていると、「かっこう」の啼く声が聞こえてきました。
初夏ですね。
宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」に、かっこうが血の出るほどの練習をするエピソードが出てきます。
どうもそのイメージが強いようです。
かっこうのように、切磋琢磨しなくてはと思います。

私の実家付近では時々、カワセミを見かけることがあります。
カワセミは翡翠と書くくらい、きれいな鳥です。
チラッと目撃できれば、一日中ハッピーになれますよ。

さて、納期の特例ですね。
月次できちんとしていれば、何のこともないのですが。

転勤

お世話になった銀行の支店長が転勤のご挨拶にいらっしゃいました。
開業当初、親切にしていただいたご縁とご恩は生涯忘れることができません。
つらいときにいただいた、やさしさは、身体中に染み渡り糧となりました。
本当に喉が渇いているときのコップ一杯の水のようでした。
新天地でがんばっていただきたいと思います。

7月になると、納期の特例がやってきますね。
1月の納期の特例の時期は暇をもてあましていましたが、今回は少しだけ参加できます。
いつも思いますが、自分は気が弱いようです。
6月中にある程度と思っていましたが、思うようになりませんでした。
妙にドキドキして、夜を迎えています。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »