« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »

GW

いよいよGWの始まりですね。
行楽日和が続くみたいですから、お出かけの予定の人は安心ですね。

業界的には会社法施行前日に研修があります。
つまり30日に研修会です。
どれほど危機感があるのかということがわかります。
会社法と銘打った本はたくさんでていますが、どれだけ買っても実りは少ないような気がしています。
受験時代と同じような勉強をする必要があると感じています。
そういう意味ではGWは恵みの雨でしょうか?

相続対策の相談を受けることがありますが、やっぱり相続は難しいと感じています。
難しさの理由は「個人の感情」です。
相続にまつわる知識よりも人間力が問われるのかも知れません。
そういう意味でも難しいと感じています。

GW

繁盛

昨夜は自宅そばの居酒屋に行って来ました。
とても繁盛しているお店です。
となると知った顔もちらほらありました。
地元の企業の社長様方にも支持されています。
カウンターがメインで座敷が2つあるだけの小さな居酒屋ですが、繁盛しています。
料理は家庭料理の延長にあります。でも分量も多いし味も良いです。
その上、安い!
「いいちこ」のボトルを入れて一人1400円でした。

繁盛の秘密は、賑わいの演出だと思います。
薄利多売ですのでお小遣いのすくないお父さんも来ることができます。
1000円少しで気分転換できれば安いものです。
だから気軽に立ち寄ります。

繁盛している店には勢いがあります。
そんな勢いが一番のテイストなのかもしれませんね。

満開

桜は昨日が満開でした。
今朝は花びらが舞いはじめています。
実は土曜日に弟の結婚式がありました。
子供も含めての出席ですので、その準備はたいへんでした。
満開の桜の中での結婚式でしたので、お祝いムードは盛り上がったと思います。

さていよいよ会社法の足音が聞こえてきました。
新法下での会社設立も依頼されています。
今年のGWは新会社法の勉強ですごされる方も多いと思います。
これから続々新刊されると思いますが、なぜか商業登記法の本が少ないようです。
実務家としては、法務局との打ち合わせの際に必要だったりします。
「本に出ているから」という根拠は説得力があるというわけです。
早めに出版してほしいところです。
こんなときに地方在住は不便です。
アマゾンも専門書のサイトを作ってくれればありがたいのですが。

今週は毎日花見です。
もちろん花より団子ですけど。

どうする?あいふる?

チワワのCMで有名なアイフルが業務停止命令を受けました。
社長が記者会見をして「指導が足りなかった」といっていました。
営業支店に対して過剰なノルマ、回収率を要求していた結果だと思います。
それを「指導が足りなかった」と言ってしまう事は、責任逃れと思います。

マスコミは手のひらの返すことが、本当に早いですね。
毎日のようにCMをバンバン流していたのに、今度は糾弾の姿勢です。
日本の権力はマスコミが握っていることを実感できます。

それにしても、マスコミもアイフルも品格がありませんね。

桜、さくら

今度の日曜日は下の子供の誕生日です。
8年前のあの日は桜が満開でした。
今年は三分咲きでしょうか。
下の子供はほっぺが桜色してます。

今日は関与先さまからお客様をご紹介いただきました。
そのお客様というのは、パン屋さんです。
ヤマト運輸の小倉昌男さんの晩年の事業にスワンというものがありました。
障害者の方の月給2万円を嘆いてはじめられた事業です。
真の自立支援をするという目的で始められました。
小倉昌男さんが、日経「私の履歴書」にその当時の心情を書いていました。
読んだ時に、感動しました。
うまくいえませんが、感動しました。
私の履歴書の記事はその後単行本になりましたが、それを読んでまた感動しました。
熱い思いがこみ上げてきます。
私が今日お会いしたお客様も同じような事業をなさっています。
社長様、奥様ともに品格のある方でした。
そして、商品が素晴らしいおいしさです。
卵から素材にこだわって作っています。

今回、私の事務所とご契約いただくことになりました。
微力ながらお手伝いできると思うと、涙がでるほど嬉しい気持ちです。
税理士としてではなく、人間としてお手伝いできればと思います。

サクラサク

とうとう桜が咲き出しました。
ちらほらとはじけています。
今朝の地方紙の紙面に、夏井川の「岩つつじ」の話題が載っていました。
渓谷の岩肌に松の緑と、岩つつじのピンクがとてもきれいです。
その横をJRが通っているのですが、この時期だけはスピードを揺るめて車窓の景色を堪能できるサービスをしています。
スピード優先のJRですが、少しだけ粋だと思います。

さてプチ自慢ですが、胡蝶蘭が咲きました。
ラン

プチ自慢ですから、写真も載せてみました。
昨年の10月に買い求めた胡蝶蘭の花が終わって、しばらくしたら花芽が伸びてきました。
膨らみ始めてとうとう咲き出しました。
一般的には、この時期は株を休めるために植え替えをします。
でも、植え替えの前に花芽が伸びてきましたので、咲かせることにしました。
花芽は4本です。
居心地がよほど気に入ってくれたみたいです。(^^♪

実は事務所の開設のお祝いに先輩からいただいた観葉植物も新芽が伸びてきました。
ぽやぽやの新芽も嬉しいですね。

桜が咲いたら花見です。
桜は日本中どこで見てもきれいですね。
ソメイヨシノはすべて接木で苗をつくります。
種からは育ちません。
つまり、日本中のソメイヨシノはすべて同じDNAです。
日本中のどの桜もきれいなのは当然ですね。

国家の品格

昨日は東京に行ってきました。
満開の桜を見物して、セミナーを受講して、知人と飲みました。
一番、インパクトがあったのは、満開の桜ですね。
ようやく梅が咲き出した地方から来ると、夢のようです。
そういえば、桜前線というものがあるのは日本だけのようです(^^♪

私の実家の近所で、千本桜があります。
10年前に堤防に1000本桜を植えて観光名所にしようという試みです。
実際に観光名所にはなったのですが、桜の開花時期は1週間ですので
思ったほど効果はあがってないようです。

帰りの新幹線で、「国家の品格」を読みました。
桜の開花時期の1週間を日本人がいかに大切にしているかという内容でした。
「卑怯」という言葉も出てきました。
武士道の精神で生きていこうというないようです。
税理士は「士」業です。
なおさら矜持をもって生きたいものです。

蘭が咲いたです

新年度がスタートしました。
スタートの日が土曜日なので、そんな雰囲気はありませんが、一部では入社式が行なわれているようです。
不思議なのは、制服がないのにみな同じようなスタイルになっていることです。
個性の時代が叫ばれていても、横並びは変わらないのですね。

先日買い求めた胡蝶蘭にはつぼみが、9個ついていました。
それが毎日少しずつ花開いています。
胡蝶蘭が開花するとうれしいです。
毎日1つ開花していますから、わくわくします。
昨年10月に買った胡蝶蘭は花芽が伸びてきて、つぼみが膨らんでいます。
もしかしたら、咲くかもと思うと、楽しみでなりません。

新年度ですから、新しいことをスタートさせようと思います。
とりあえずは商工会議所のシニアアドバイザーに就任しました。
本格的な営業もするつもりです。
もっともっと忙しくなりたいです。

小倉昌男さんの晩年の事業にパン屋さんの支援というものがありました。
この地にも同じような考えの事業をしていらっしゃる方がおいででした。
関与先の奥様からの紹介でお店にいってみました。
美味しいパンでした。
縁があれば報酬に関係なく、関与してみたいと思います。
間接的にでも応援したいという気持ちです。

士業はやせ我慢の職業だと思います。
ライブドア事件で起訴された公認会計士を見て思います。
時代はコンプライアンスの時代です。
法令を遵守することを最優先にする時代です。
とすれば、顧客が離れるかもしれません。
だから、やせ我慢が必要なんだなと思います。
命がけで取得した国家資格を軽んじてはいけないと思いました。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »