« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

はい喜んで

今週号の週刊ダイヤモンドを買いました。
小さい本屋さんで買いました。
店番をしていた年配の女性の方(おばちゃん)が、ポツリと
「今週は週刊ダイヤモンドがたくさん届いたんだよ」
とつぶやきました。
今週号は営業特集です。
つまり、売れる号です。
そんなときはたくさん出荷するんですね。
本当の営業上手はダイヤモンド社のようです。

忙しく飛び回っていますが、原点を忘れないようにしようと思います。
全てのお客様は誰かの紹介の先にいます。
全て自分の力だと過信しないようにしたいと思います。
知らないお店に入ったときに、居心地の良いお店なら誰かに紹介したくなります。
そんな誰かに紹介したくなるような職業人でありたいと思います。
忘れやすい人間ですから、こうしてブログに書いて忘れ防止にしています。
実は足を向けて眠れない先輩が何人もいます。
常日頃から感謝の意思を示したいと思っています。
些細なことですが、誘われたら断らないことをモットーにしています。
合言葉は「はい、喜んで」です。
非公開日記

セミナー

木曜日に商工会議所で会社法のセミナーをさせていただきました。

セミナーの反響がありました。
翌日、さっそく問い合わせの電話がありました。
商工会議所にも質問が寄せられていたようです。
1時間という時間の中でしたので、とにかく危機感だけを伝えようと思いましたが、
思いは伝わったようです。

金曜日、自分の医療保険に入りましたが、振込みが遅れてしまいました。
月曜日だと年齢が1つ上がってしまいますので、保険料がアップしてしまいます。
振込みが遅れた旨を保険代理店の方にお伝えしたところ、夜7時に処理をしていただきました。
迅速な対応に感謝しました。
顧客第一主義だと思います。
年齢が1歳の違いでも、月々の保険料はわずかな違いです。
そのために、労をいとわず足を運んでくれました。

わが身を振り返ると、顧客第一主義の実践は難しいと思います。
相続時精算課税制度で贈与を受けたいという人が事務所に訪れました。
詳しく話を聞けば、公正証書遺言書もあるというお話でした。
登記の費用や税務申告の費用を考えて再考を促しました。
そのお客様が改めて、手続を依頼したいとおいでになりました。
各種費用を考慮しても、贈与を受けたいというお話でしたので受託しました。
その際「登記しないことをすすめる司法書士さんは珍しい」といわれました。

私は手続コンビニ屋さんではありません。
お客様の利益を守るためのアドバイスで報酬を得ていると思っています。
手続は利益を保護するための結果だと思います。
顧客第一主義の実践は「やせ我慢」の実践でもあるようです。
それでも「天を見て」いきたいと思います。

昨日から今日にかけて

昨夜は新規店舗の相談でお客様と深夜12時まで事務所にて面談してました。
寒い夜でしたけど、熱い話をしていたので時間はあっという間に過ぎてしまいました。
顧問契約をしていないので、財務内容を知らない状態でのお話でした。
実は現場を3度ほど見に行って周りの状況も把握してあります。
近隣の相場観も調べました。
キャッシュフローを想定して、お話ししました。
結局ビジネスモデルがイメージできないということになり、今回は諦めるということになりました。
将来への布石のお話もしましたので、最後は握手で分かれました。
そんな出会いもあります。

今日の出会った人は・・・
法定相続人全員の前で話をしてほしいとのオーダーでしたのでお伺いいたしました。
そのお一人に「ところで、税理士の報酬は遺産の何%なんだ?」と言われましたので、
「手続に応じていただいていますので、何%という決め方はしていません」と申し上げたところ、
「報酬をはっきりいえない税理士はろくなもんじゃない」と
言われてしまいました(^^ゞ
弁護士と勘違いなさっているようです。
弁護士が遺言執行者となった場合には遺産の何%という報酬の決め方をしています。
今回は相続税の申告がありませんので、税理士としての報酬は発生しません。
司法書士として相続登記の報酬だけの予定でした。
せっかくの申し出ですので、遺産の何%かを請求しようかと思います。
予定していた報酬の倍になりそうですので、ありがたい限りです。

時間

近、時間がもったいないと思うようになりました。
もしかしたら、「モモ」の世界に入っているのでしょうか?
最近の失敗は余裕をなくしたときに発生しています。
時間管理の本も買っておいたはずですので、探して読んでみようと思います。
でも、読んでる時間がもったいない・・・などと思う始末です。

今日は朝一番で法務局に入りました。
すぐに謄本請求を出しました。
相談事項の相談が終わって安心してしまい、謄本を忘れて帰ってきました。
事務所についてから、思い出してとりに行きました。
いかにも登記済みを受領に来たついでに謄本も取りに来たというそぶりで受け取りました。
でも本当は忘れてたのです。
実は10時までにある書類を届ける用事があったので、慌てていました。
余裕がないと、こんな失敗をしてしまいます。

毎度のことですが

とにかく今年も終わりましたね。
毎年のことですが、15日は一番ドキドキします。
出し忘れがないかどうか・・・
机の中にしまいこんでいたらどうしよう(*_*;
そんなことばかりが気になる日でもあります。

さて、今日も長い一日でした。
急な仕事が入ってきてラッキーなのですが、アポがあるので処理している時間がないという事態になりました。
今夜も残業しました。

今日お会いしたお客様も縁が結ばれていると思いました。
全て一本の縁の先に新しい出会いがあると実感します。
日々感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。
縁を結んでくれた人がいるから出会いがあったのだということを忘れないようにしたいと思います。
自分の実力だとは思っていません。
でも油断大敵です。

声がでません

昨日の反省を踏まえて、今朝は修身教授録を読んでから仕事をしました。
一日の始まりに心を鎮めることは、落ち着きがでますね。

今日はたくさんの人とお会いしました。
紹介のお客様や、銀行さんや、知り合いの税理士さんなどたくさんの人とお話をしました。
でも、声が出ないんです。
花粉症が出てしまい、目や鼻に来ています。
仕事にならないので、鼻炎の薬を飲んだら、喉が渇くという副作用がありました。
いつも喉がからからの状態です。
声がいつもの半分くらいの元気しかありません。

未確認情報ですが、会社法の施行が5月下旬にずれるかもしれません。
理由は関連法の整備が遅れているからだそうです。
5月の総会からは新会社法下での役員就任となる予定でしたので、今後に大きな影響が出そうです。

失敗

今日は大失敗をしてしまいました。
印鑑を忘れてお客様のところへ行ってしまいました。
あたふたと慌てて動いていた結果です。
残りの一日はカラ元気で仕事をしましたが、落ち込みます。
プロらしからぬという点で反省しなくてはと思います。
前倒しで準備をしながら仕事を進めるようにしないと、時間に追われて失敗してしまいます。

今朝のニュースで赤坂の桜が膨らんできたという話題がありました。
東京は桜の名所が多いので、楽しみですね。
個人的には千鳥が淵によく行きました。
メトロガイドに桜マップが載ると東京は春ですね。

近所にようやく福寿草やフキノトウを見つけました。
東北にも遅い春が近づいてきているようです。

明日から、仕事の前に修身教授録を読んでみようと思います。
少しは心に余裕が持てるでしょうか?

イチゴ

自修塾の天野先生が開業当初のお話を紹介していたことを思い出しました。
確定申告の受託がなく、暇な3月を過ごされたというお話です。
今年の私がまさにそうでした。
あの天野先生でさえ、開業当初はそうだったんだと思うと、ファイトが沸きます。
「これ以上下がることはない」ということです。

イチゴの話です。
イチゴは地域を選ばず、作りやすいし、人気も需要もある作物だと思います。
でもそれだけにライバルも多いのが現実です。
その中で、いかに商品力を維持するのかが問われていると思います。
美味しいイチゴと出会いました。
香りが良くて、イチゴの味がします。
その秘密は完熟で出荷するということです。
また、茎をつけたまま出荷します。
茎をもって作業をしますので、実が痛まないというメリットがあります。
まずは地元で人気が出ました。

木、金と会社法の研修を受けてきました。
今回の改正は商法改正ではなく、会社法の制定と思うべきだということでした。
まったく異なるものとして頭を切り替える難しさがあります。
ポイントは定款変更をどのようにしていくかということのようです。
会社の実体に即した定款を作る必要があるようです。

誕生日?

いつの間にか髪が伸びました。
忙しい時期でもあるので、我慢してましたが
お客様に不快感を与えてはいけないので、時間を見つけて切りました。
お昼休みに美容院に飛び込みました。
午後アポイントメントがありましたので、その時間を伝えてお願いしました。
髪を切ると、気のせいか頭が軽くなったような気がします。
会計をしようとしたら、
バースデイソングが流れて、ケーキにローソクがありました。
今月が誕生月なので、お店からのお祝いでした。
このところ自分の誕生日のお祝いはしてもらっていなかったので、
正直うれしかったです。
ちなみにローソクは4本でした。
1本で10年分みたいです (^^ゞ

夕方、商工会議所から連絡がありました。
商工会議所が主催する中小企業シニアアドバイザーの登録要請でした。
4月からは忙しくなる予感です。

今日の縁

土曜にお会いした商店街の人の担当の不動産屋さんに行ってきました。
不動産屋さんというには、毛色が違っていました。
不動産業を中心としたコンサルタント業の方でした。
私は通常面談していると、1時間で話の区切りがついてしまうのですが、2時間話し込みました。
最近の不動産の状況、銀行の対応その他の話題になり、私の事務所の経営のアドバイスもいただきました。
この時期の2時間は貴重な時間ですが、それよりも貴重な時間をすごすことができました。
話が格調高いなと思ったら、慶応をご出身の方でした。
お嬢様もこの春から慶応に行かれるそうです。
地方都市にもいるんだなというのが実感でした。
今回、お会いすることができたことに感謝です。
少しずつ縁が広がっていることを感じます。
それだけでも、感謝をしたいと思います。

仕事は縁が全てだと思います。
誰かに縁をつないでもらうだけではなく、自分が縁をつなぐことも大切だと思います。
午前中、交流会でお会いした人から電話がありました。
「自己破産をしたい人がいるけど、引き受けてほしい」という内容でした。
聞けば会津若松に住んでいらっしゃる人のお話だそうです。
そこで、会津若松の先輩司法書士を紹介しました。
現在は自己破産より債務整理という手法がとられていますので、そのスペシャリストを紹介しました。
簡単に言うと、法定利息超過分は過払い利息として扱い、その返還請求により債務を整理するというやり方です。

あの人の仕事とあの人の仕事を結びつけることができればと思いながら運転しています。
まだまだ結んでいただくばかりで、恩返しはぜんぜんできていませんが、そんな気持ちで仕事をしていきたいと思います。

桃の節句

今日はひな祭りですね。
確定申告書の提出に東京に行ってきました。
その足で控えをお客様にお届けいたしましたが、桃の花を手土産にしました。
日帰りですので、お土産に雛あられを買おうと思い立ち、赤坂見附の塩野というお店に寄りました。
非常に混んでいました。
お目当ての雛あられは売れ切れでした。
塩野の雛あられは、雛あられの認識を変えるくらい美味しいです。
スーパーで売っているものとは質が違います。
丁寧に仕事をすれば、同じものでも随分と違うものだという見本だと思います。

確定申告も丁寧に仕事をするかどうかで変わってくるのかも知れません。
今日確定申告の控えを納品したお客様との会話でそう思いました。
誰がやっても同じ確定申告で報酬をいただくには、丁寧な仕事とスピードだと思います。

丁寧かどうかの判断は目に見える部分での判断になりますから、お預かりした資料の返却の仕方になるのでしょうか。

3月!

残すところあと2週間ですね。
確定申告の進捗状況はいかがでしょうか?
私は、もともと件数も少ないので今週で終了させるつもりです。
来週からは自分の確定申告にとりかかります。
かなりラフに家内が処理をしていますので、厳しく監査したいと思います。
消費税の還付を受けようと思い立って、消費税の届出を出したことを後悔しています。
自分の申告に手間をかけても仕方なかったなと思っています。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »