« 研修会 | トップページ | 銀行 »

LLPを作ろう!

今日は、事務所のある郡山は雪雲に覆われています。

いつもセンター試験のときは雪が降りますね。

絶対、ジンクスですよね。

ライブドアショックで一躍有名になったのは、投資組合です。

実体は民法法人の任意組合ですので、法規制はゆるいといえます。

うまく利用して錬金術を繰り返してきたみたいですね。

やはり、民法の任意組合をベースにしたのが、LLP(有限責任事業組合)です。

LLPの設立の相談を受けたので、手続きを調べました。

法務省民事局のHPに手続きが紹介されています。

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji93.html

必要な書類の一覧は分かりますが、その詳細な書き方は分かりません。

会社の定款に相当する「組合契約書」の作成に悩んでしまいます。

出資者が法人の場合には取締役会議事録を作成します。

これは、実際に業務を担当する人を決める必要があるからです。

新しい制度だけに悩んでしまいます。

昨日ご紹介した本はそういった設立関係の書式がばっちり出ていました。

そういえば、今年の税制改正で同族会社の役員報酬について、給与所得控除相当額部分については損金不算入となりそうです。

今までは、法人成りをしていれば節税効果がありましたが、これからは節税目的ではの法人成りがむずかしくなります。

同族会社でない事業体、たとえばNPO、LLP、LLCといった新しい事業体により起業する人が増えると思われます。

LLPの経理、税務については今回次の本を買い求め勉強しています。

日本版LLP(有限責任事業組合)のつくり方・運営のしかた Book 日本版LLP(有限責任事業組合)のつくり方・運営のしかた

著者:江戸川 泰路
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 研修会 | トップページ | 銀行 »

「司法書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31756/432329

この記事へのトラックバック一覧です: LLPを作ろう!:

« 研修会 | トップページ | 銀行 »